医学部の中でも、国公立大学の医学部は東大入試と並ぶ最難関試験になります。これには理由があります。私立大学の医学部はお金がかかってしまうので、受験ができないという人も多いのですね。ですから、難易度は下がります。数千万円の学費が払えるなら私立大学もいいのですが、多くの人はそこまでの学費を支払うことはできません。したがって、ほとんどの人は学費の安い国公立の医学部を目指すわけです。結果、私立大学よりも国公立大学の方が、競争率は激しくなって難関試験となるわけです。この最難関受験を成功させるためには、予備校選びから慎重に行う必要があるでしょう。

授業が医学部受験に特化していて、合格者を毎年多く輩出している予備校に通わなければなりません。その点では、医学部予備校ACE Academyが有力な選択肢の一つとなります。医学部予備校ACE Academyは、医学部受験に特化した予備校で、しかも国公立大学医学部を主なターゲットとして設定しています。

しかも、京大医学部や阪大医学部など、その中でも人気の高いところに毎年多くの合格者を輩出しているという実績があります。本気で医者になりたい人にとっては、最適な予備校となる可能性は限りなく高いわけです。医学部予備校ACE Academyは、生徒のレベルが高いことで有名です。生徒の平均偏差値が一般模試で67を超えているというデータも出ています。優秀なライバルたちと競い合える環境が整っていると言えるでしょう。優秀な生徒はモチベーションが違います。

ライバルたちから刺激を受けて自分も頑張れるという点で、こうしたハイレベル予備校には通う価値があります。また、この予備校は学費が安いことでも有名です。クオリティの高い授業を行ってくれる割には、大手予備校とも学費の面で差はありません。浪人生で月々10万円、現役高校生なら月々5万円から7万円ですから、場合によってはむしろ安いぐらいです。大手予備校によくあるただ聞くだけの集団講義ではない点が魅力的ですね。

個別指導に近いぐらい、一人一人に対して課題を作成してくれます。カウンセリングや勉強相談も常時可能で、しかもメールにてできるという点も大きいでしょう。受験生は不安になってしまうものですが、この予備校であれば精神面のケアまでしてもらえます。安心して最大限勉強に集中ができるようになるので、合格も近づいてくるわけです。とにかく医学部受験に関してはノウハウを多く蓄積している予備校です。豊富な医学部情報の恩恵を受けるために通うというのも、悪い選択肢ではありません。